アジングでのフカセウキについて。どうもこんにちわ。釣り初心者です。

アジングでのフカセウキについて。

どうもこんにちわ。
釣り初心者です。

フカセウキをつける時に、ガン玉または水中オモリを使うと思うのですがその際に必要な号数を教えていただけないでしょうか。

今使っているのが4Gまでが適正ウェイトになります。

ですが、ジグヘッドが1gの場合1gのウキをつければ良いと思うのですが違ってますか?
お願い致します。

補足すいません。
よくよく考えたら1gの浮きじゃ飛ばすこと出来ませんね(汗)苦笑

4g以下が適正ウェイトですと、遠くに飛ばす方法はやはり無いのですか?
何かあるとしたら教えてくれると助かります。

1gのオモリを使うためには、3B~4Bのウキになります。
ウキそのものに自重があるので、キャストもできますよ
ちなみに3B~4Bウキで、7g~10gの自重があります。
自重は、S<M<L ←こんな感じで、同じ3~4Bのウキでも大きさが変わると自重も変わるので、Lサイズが1番自重あります。
それと4gのジグヘッドともなるとウキは、1号~1号ちょいとなりますが、浮力の重たいオモリを使えるウキほど自重が軽くなりますので、1号以上を使える自重の重いウキを探さなければいけませんが、無いこともないのですが、極端に少ないです。
どうしてもというならば、作ったらどうですか?
手作りウキの材料で、30センチぐらいの長さの円柱径の発砲(中心も抜いてくれてます)が、売ってます。直径サイズも色々あります。この発泡素材を市販のウキの上に取り付けたら簡単にできますよ
極端な話0号のMかLサイズのウキの上にこの発泡を1センチぐらい取り付ければ4gなんて簡単に浮くと思います。
どんなイメージかわかり難くかったら後日、こんな感じでとりつけるみたいな画像貼り付けても良いですよ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *